ビタミンCエチルとは?しみ・しわ対策に使いたい成分

塗っても良し、飲んでも良しの美肌成分として広く知られているビタミンCですが、ひと口にビタミンCといっても種類は様々あります。

ここでは、ビタミンCエチルとは何か?美肌のためにどのような効果が期待できるかを紹介します。

その前に、ビタミンCの種類についてザックリと説明しますね。

ビタミンCは大きく2つにわけることができます。

ビタミンC(L-アスコルビン酸)

ビタミンCそのもので、別名L-アスコルビン酸といいます。

ビタミンC誘導体(VC誘導体)

ビタミンCになる前の成分で、プロビタミンCとも呼ばれ、VC誘導体をお肌に塗ると、体内の酵素によってビタミンCへ変化し、抗酸化作用や美白作用など、ビタミンC本来の作用を発揮します。

ビタミンC誘導体 略称 性質
アスコルビルリン酸Na  APS
AA-2P
VC-PNA
水溶性
リン酸アスコルビルMg APM
MAP
VC-PMG
水溶性
L-アスコルビン酸2-グルコシド AG AA-2G 水溶性
2-O-グリセリルアスコルビン酸  VC-2G 水溶性
3-O-グリセリルアスコルビン酸  VC-3G 水溶性
ビスグリセリルアスコルビン酸 VC-DG 水溶性
3-O-エチルアスコルビン酸 VCエチル 水溶性
L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル VCパルミテート 脂溶性
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル VC-IP 脂溶性
パルミチン酸アスコルビン酸3Na APPS 両親媒性
(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K EPC 両親媒性
イソステアリルアスコルビルリン酸2Na APIS 両親媒性
カプリリル2-グリセリルアスコルビン酸 GO-VC 両親媒性
ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸 VC -MG 両親媒性
3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸 VC -3LG 両親媒性

引用元:肌のクリニック

ビタミンC誘導体にもたくさんの種類がありますね。そもそもビタミンC誘導体とは何でしょうか?

ビタミンCは、肌に吸収されにくく、不安定で酸化しやすいという弱点があります。それを改良し、肌に入りやすい形に変えたものがビタミンC誘導体です。

その中の1つ「ビタミンCエチル」は、水溶性ビタミンC誘導体の一種で、化粧品では「3-O-エチルアスコルビン酸」と表示されている成分で、厚生労働省に医薬部外品として認められた成分です。

「ビタミンCエチル」の特徴

ビタミンCの含有量が高い

ビタミンCエチルは、ビタミンC誘導体の中でビタミンCの含有率が最も高くなっています。

VC誘導体 アスコルビン酸含有%
APS 55%
APM 61%
AG 52%
VC-3G 66%
VC-IP 16%
APPS 31%
GO-VC 44%
VCエチル 86%

引用:肌クリニック

持続性がある

72時間以上ビタミンCとして効果を発揮する持続性がある

即効性がある

通常のビタミンC誘導体は、酵素によってビタミンCに変換されますが、ビタミンCエチルは酵素なしでそのままビタミンCとして作用する即効性があります。

「ビタミンCエチル」は、ビタミンCの含有率が高く、素早く吸収され、体内に長くとどまり効果を発揮するスーパービタミンです。

ビタミンCエチルに期待できる美肌効果

美白効果※1

メラニンの黒化と生成を抑制する作用があります。
※1メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ

しわを改善・肌にハリや弾力を与える

ビタミンCエチルには、コラーゲンの生成を促進する作用があります。

しわ予防のために、コラーゲンを摂取したり、コラーゲン入りの化粧品を使ったりしますが、実はあまり効果がないといわれています。

コラーゲンを摂取すると、いったん体内で消化されてアミノ酸になり吸収されますが、再びコラーゲンとして再構築されることはないそうです。

それなら、コラーゲン入りの化粧品を直接肌に塗れば、コラーゲンが増えそうな気がしますが、分子の大きなコラーゲンは、肌の奥の真皮まで浸透しません。ただし、コラーゲンとして定着しなくても、保湿成分としては有効に働きます。

コラーゲンを増やすには?
コラーゲンを増やす成分の入った化粧品を取り入れること

ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールは、コラーゲンを増やす効果が高いといわれている成分です。

実際に、ビタミンCエチルがコラーゲンの合成を促進するというデータが出ています。

ヒト線維芽細胞を用いて3-O-エチルアスコルビン酸および陽性対照として成長因子TGF-β1で処理し、コラーゲン合成を評価したところ、以下の表のように、

試料 濃度 コラーゲン合成促進率(%)
TGFβ1  10ng/mL 30
3-O-エチルアスコルビン酸 500ppm 27

3-O-エチルアスコルビン酸は、陽性対照のTGF-β1と同様にコラーゲン合成に対して有意な効果を示した。引用:化粧品成分オンライン

高い抗酸化作用がある

お肌の老化の原因となる活性酸素を取り除く優れた抗酸化作用もあります。

美白とエイジングケアを同時に行うのにビタミンCエチルは取り入れたい成分の1つといえます。