しみ・しわ対策に人気のオールインワンジェル「シミトリー・シズカゲル・シミウス」どれがいいか迷っている方も多いと思います。

そこで、この3つのオールインワンジェルの特徴、成分、使用感、オススメの肌質、コスパを徹底的に比較していきます。

あわせて、こちらも紹介します。

  1. しみやしわに効く成分は何?
  2. 美白としわのオールインワンジェルの選び方は?

シミトリー・シズカゲル・シミウスの特徴

シミトリー シズカゲル シミウス
コンセプト 美白・保湿 美白・毛穴の開き・乾燥小じわ・肌荒れ 美白・保湿
分類 医薬部外品 医薬部外品 医薬部外品
特徴 球状ラメラ構造 モイストキープエマルション処方 ダブルクリスタル製法

美白化粧品を選ぶ際のポイント

美白成分が入っているかをチェックすること

美白成分がよくわからない人は、医薬部外品を選べば間違いありません。

医薬部外品には、厚生労働省が「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ」またはこれに似た効能があると認めた成分が配合されています。

代表的な成分として「アルブチン・ビタミンC誘導体・プラセンタエキス・コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸」などがあります。

シミトリー・シズカゲル・シミウスは、医薬部外品で美白有効成分が配合されています。

ここで注目したいのが、シミトリーとシズカゲルの成分!ほぼ同じです。

実は、どちらも東洋製薬という会社が手掛けているオールインワンジェルだからです。(販売元は違います)

それなら、同じものなの?というわけではありません。

まず使用感が違います。成分の割合が違うためだと思われますが、配合量の情報は非公開なのでわかりません。まずは美白と保湿成分について詳しく見てみましょう。

シミトリー・シズカゲル・シミウスの成分

シミトリー シズカゲル シミウス
保湿成分
水分保持力
ヒト型セラミド
ヒト型セラミド
ヒアルロン酸
美白成分 アルブチン
フラバンジェノール
水溶性ビタミンC誘導体
油溶性ビタミンC誘導体
アルブチン
フラバンジェノール
水溶性ビタミンC誘導体
油溶性ビタミンC誘導体
プラセンタ
グリチルリチン酸ジカリウム

保湿力の高さは、ヒアルロン酸<セラミドになります。

シミトリーとシズカゲルは、保湿機能の高いセラミド3(N-ステアロイルフィトスフィンゴシン)を配合

それに対して、シミウスはヒアルロン酸を配合

ヒアルロン酸も保湿成分としては優れていますが、セラミド配合のシミトリーとシズカゲルの方が保湿力は高いといえます。

美白成分は、シミトリーとシズカゲルは「アルブチン・ビタミンC誘導体」を配合

そこにビタミンCの約600倍の美容パワーを持つフラバンジェノールを配合

フラバンジェノールは東洋製薬独自の成分で、美白効果や血流促進、抗しわ作用が確認されています。

フラバンジェノールと2種のビタミンC誘導体が入っていることで、毛穴の黒ずみや開き、しわやたるみへの効果も期待できます。

それに対して、シミウスの美白成分は「プラセンタエキス」のみ

グリチルリチン酸ジカリウムは、それ自体には美白効果はありません。肌荒れを防ぎ、ターンオーバーを正常化し、しみを排出しやすくしてくれます。いわば、美白作用のサポート的な役割をするといえます。

また、グリチルリチン酸ジカリウムには抗炎症作用があるので、肌荒れやニキビのある人にオススメといえます。

成分だけ見るとシミトリーとシズカゲルの方が、美白・保湿成分ともに優れているといえます。

【シミトリー全成分】
アルブチンフランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルスコルビン酸(水溶性ビタミンC誘導体)、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性ビタミンC誘導体)、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン(ヒト型セラミド)、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール

【シズカゲル全成分】
アルブチン,フランスカイガンショウ樹皮エキス,ビルベリー葉エキス,3-O-エチルアスコルビン酸(水溶性ビタミンC誘導体),テトラ 2-ヘキシルデカン酸アスコルビル(油溶性ビタミンC誘導体),ユキノシタエキス,マロニエエキス,シア脂,カンゾウフラボノイド,N-ステアロイルフィトスフィンゴシン(ヒト型セラミド),オリブ油,スクワラン,1,3-ブチレングリコール,トリイソステアリン酸グリセリル,硬化ナタネ油アルコール,1,2-ペンタンジオール,精製水,アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体,アルギン酸ナトリウム,水素添加大豆リン脂質,天然ビタミン E,カルボキシビニルポリマー,水酸化ナトリウム,フェノキシエタノール

【シミウス全成分】
グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料

美白成分保湿成分

シミトリー・シズカゲル・シミウスの添加物

シミトリー シズカゲル シミウス
添加物 なし なし あり

シミトリーとシズカゲルは「パラペン・アルコール・界面活性剤・香料・着色料・鉱物油・シリコーン」不使用の低刺激処方

ところが、シミウスには低刺激処方の表記はなく「プロピレングリコールやアルコール」といった敏感肌の人には刺激になる可能性のある成分が入っています。また、合成着色料も使用されています。

シミトリー・シズカゲル・シミウスの使用感

シミトリー シズカゲル シミウス
容器 ジャータイプ チューブ式 ジャー
チューブ
両方あり
テクスチャー みずみずしい柔らかめのジェルクリーム
肌なじみが良くしっとり
べたつかない
みずみずしい軽めのジェル
肌なじみがよくサラサラ
べたつかない
弾力のあるしっかりめのジェル
肌なじみがよくサラっとした使用感
べたつかない
モロモロ でない でない でない

シミトリーとシミウスは、一見似たようなテクスチャーです。どちらも水分多めの柔らかめのジェルクリームで、伸ばしやすく、サッとなじんでべたつきもありません。

両方とも、ラメラ構造を採用しているので、文句なしに肌なじみが良いです。

登場人物B

ただし使用後に大きな違いがあります。

シミトリーはしっとりした潤いが続きますが、シズカゲルは、さらさらした仕上がりの分、肌質や季節によっては、時間が経つと保湿力に物足りさなさを感じる場合があります。

シミウスのテクスチャーは、いかにもの重めで粘着性のあるジェルなのですが、実際には、なめらかで伸ばしやすいジェルです。

肌なじみも良いのですが、浸透自体はゆっくりめで、マッサージに適したテクスチャーになっています。

べたつきもなく、サラッとした仕上がりですが、しっとりとしたうるおいが続きます。

実際に使ってみた保湿効果は

シミトリーがいちばんで、シミウスとシズカゲルには大きな差は感じませんでした。

成分で比較した時には、ヒト型セラミドのシズカゲルの方が、ヒアルロン酸のシミウスよりも保湿力が優れていると思いましたが、あまり違いは感じませんでした。

シミトリー・シズカゲル・シミウスのコスパ

シミトリー シズカゲル シミウス
内容量 60g 60g 60g
初回 3,685円 2,980円 3,795円
2回目~ 3,981円 2,980円 3,795円
返金保証 14日間 30日間 30日間
継続の縛り なし なし なし

※税別価格

3つのうち、コスパがいちばん良いのは「シズカゲル」

シミトリーとシズカゲルは、配合成分は同じはずなのに、価格に1,000円近い差があります。

シズカゲルは保湿力がイマイチ続かないというデメリットがあり、それが価格差になっているのかなと思います。

保湿力が高いシミトリーの方が、保湿成分の配合が多くなっているのかもしれません。

シミトリーとシミウスのコスパは、ほぼ同じくらい。

美白と同じくらいエイジングに重きを置きたい世代はシミトリー、美白と乾燥小じわ・毛穴のケアを重点的に行いたい方ははシズカゲルかなと思います。

  • 20~30代・脂性肌はシズカゲル
  • 40代~50代はシミトリー
  • 肌荒れ・吹き出物に悩む人はシミウス

シズカゲルを20代~30代に括りましたが、保湿成分や抗酸化成分が豊富に配合されているシズカゲルは、40~50代の方にも十分にオススメできるオールインワンジェルです。

シミウスは「肌荒れや吹き出物があっても使える」「マッサージによるエイジングケアをしたい」人にはオススメです。

最後にもう1点、オールインワンジェル以外の商品のラインナップがあるかどうかを調べました。

シミトリー シズカゲル シミウス
商品 美白炭酸ジェルパック ホットクレンジング クレンジング・洗顔・化粧水・美容液

肌のコンディションや季節要因などで、他のアイテムをプラスしたいと思った時に、シミウスなら同ラインで足すことができます。

シミトリー・シズカゲル・シミウスのまとめ

シミトリー 40~50代向け
乾燥肌
美白と潤い重視
>>詳細を見る
シズカゲル 20~50代向け
オイリー肌
美白とさっぱり感重視
>>詳細を見る
シミウス 年代は問わず
肌荒れ・吹き出物にいい
こってりめのテクスチャー
マッサージ機能付き
>>詳細を見る

しみ・しわ対策重視のオールインワンジェルの選び方

50代できっちりしみ・しわ対策をするなら、しみ・しわに効果のある成分!これが入っていることが絶対です。

【しみ・しわ対策に必要な成分】

  • コラーゲン配合
  • 保湿成分配合
  • 美白成分配合

しわ対策のカギはコラーゲン

ご存知のとおり、コラーゲンには肌のハリや弾力を保つ役割があります。

ところが、加齢や紫外線などで影響でコラーゲンが減少・変性すると、皮膚が弾力を失い、しわになってしまいます。

こうしたしわを、表情じわといい、さらに表情じわが進行すると真皮じわになります。

眉間や額、目元、口元にくっきりと刻まれたしわが真皮じわになります。

表情じわや真皮じわには、保湿だけではなく、コラーゲンを増やすケアが必要になります。

保湿対策が有効なしわ

主に乾燥が原因でできる浅いしわをちりめんじわといいます。

ちりめんじわは、角層の水分不足が原因でできるので、保湿をしっかりとすることでしわが目立たなくなります。

具体的には、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」など水分を蓄える働きのある保湿成分を補うこと

ちりめんじわと真皮じわの区別は、お風呂上りに消えるしわはちりめんじわで、そうでないしわは真皮じわです。

50代のしわは、まず間違いなく真皮じわですね。保湿だけではなく、コラーゲンに働きかけるケアが必要になります。

しみには美白成分

しみ対策には、美白成分は配合されているオールインワジェルを選びましょう。

美白成分には「医薬部外品」とそうでないものがあります。

医薬部外品とは、厚生労働省が認めた有効成分が入っているもので「日焼けによるしみ・そばかすを防ぐ」という効能の表示が認めらています。

美白化粧品を選ぶ時の1つの目安になりますが、医薬部外品ではなくても、きちんと美白成分が配合されているオールインワンジェルもあります。

医薬部外品 ビタミンC誘導体
アルブチン
プラセンタエキス
コウジ酸
エラグ酸
ルシノール
リノール酸
m-トラネキサム酸
カモミラET
4-メトキシリチル酸
エナジーシグナルAMP
マグノリグナン
D-メラノ
ロドデノール
TXC
医薬部外品以外の美白成分 甘草エキス
ハイドロキノン

引用:「正しいエイジングケア辞典」

50代に入ると

「あれ?こんなとこにしみが・・・」

「ちりめんじわに始まって、おでこのしわ、眉間のしわ、口の周りのしわとあちこちにしわが・・・」

もう自分の顔を見るのが嫌になるくらい(ll-ω-)

現実から目をそらしてる場合じゃないけど

しみも消したい!しわも消したい!となると、美白用とエイジングケア用の美容液やクリームを揃える必要が出てきます。

お金もかかるし、お手入れも大変!

また、肌が弱い人の場合は、いろいろな化粧品を使いすぎると、肌荒れを起こす可能性がないとは言い切れないんですよね。

私自身過去に、高価な美容液やクリームをどんどん足していって、行き着いた先が痒みと赤みの肌荒れ・・・、それまで使っていた化粧品をすべて捨て、皮膚科に通院という苦い経験があります。

そう考えると、美白とエイジングケアの両方を1つでできるオールインワンジェルは、とてもオススメ♪

ただ、オールインワンジェルもたくさん出回っているので、正しい選び方を知らないと、期待したような効果がないだけでなく、かえってしみやしわがひどくなるという悲惨な結果にもなりかねません。

ここで比較した「シミトリー・シズカゲル・シミウス」のうち、あなたの肌に合うオールインワジェルが見つかれば幸いです。

>>50代にオススメのオールインワンジェル